春日井市の板金・修理はマスターズオートリペア
キズ、凹みを直す「板金」、擦りキズ、色褪せを直す「塗装」。
自動車修理において、最もシンプルで誤魔化しができない工程です。
確かな技術をもち、お客様の大切なクルマを事故前の状態へ完璧な仕上がりでお渡しする。
この、当然の仕事を徹底的に妥協なく仕上げるのがマスターズオートリペアの仕事です。
ただ、私たちだけの「こだわり」だけでなく、お客様にその違いを実感して頂き、
「どの部分を」「どうやって修理するのか」など、お客様目線での細かな説明、修理金額をご提案しております。

トヨタ、日産、スバルを始めとする国産車から、ポルシェ、ベンツ、
アウディなどの輸入車までマスターズオートリペアでは多数の施工実績があります。各メーカーの車種ごとの特徴からクセまで実際に施工してみないと分からない部分がたくさんあります。
多くの経験と実績があるからこそ、
確かな仕上がりと安全が実現するのです。

車をぶつけたり、擦ってしまったことによって生じた鋼板の凹みを専門の工具を使って叩いたり、引いたりすることによって修理します。板金だけでは元の形へ完璧に修正することはできません。「パテ塗り」を行うことにより以前の形状へ復元します。この「板金」「パテ塗り」の工程で技術の違いが現れます。「サフェーサー」を塗ることによりパテの細かい凹凸を消し、塗装の下地を作ります。

塗装下地でもあるサフェーサーを水研ぎします。研ぐことによってさらに凹凸を滑らかにし、塗料調色へと進みます。
車のカラーコードからその色の調合を調べます。塗料メーカーのWEBサイトや専門のコンピューターなどで調べていきます。しかし、データ通りに調色してもピッタリ同じ色にはなりません。 熟練した塗装職人によって、色が合うまで何度でも原色の配合を微調整します。塗装工程では施工する職人のセンスが大事になってきます。

充分に加熱乾燥をした後、数種類のバフとコンパウンドを使い分け、ポリッシャーを使用して塗面を磨いて仕上げます。
ボディの凹凸に沿って丁寧に磨き上げて行きます。新車購入時の輝きを取り戻していきます。最後まで気を抜くことなく仕上げて行き、作業完了です。

春日井、名古屋市を始め東海地方で活躍中!ホームページ・広告制作なら株式会社ゾッド